海野×廣田

営業部×ディレクター

廣田 圭祐×海野 愛子

経験が夢を叶えるステップになる

採用担当 まず最初に、イートラストに入社を決めたきっかけを教えてください。
海野 私は新卒採用で入社したんですが、その時の面接がきっかけです。
その面接というのが、雑談を交えたり、すごくリラックスできる面接だったんです。他の会社の面接とは全く違っていて、こういう雰囲気の会社で働きたいなと思った事がきっかけですね。
採用担当 他の会社はどういった感じだったんですか?
海野 他の会社はホントにガチガチの雰囲気で、決められた事をただ聞いてきているって感じがしました。でもイートラストの面接は、雑談をしながら緊張を解しつつ、決められた事というよりはその雑談の中で聞いてくれるような感じがして、個人的にすごく良かったです。
採用担当 ありがとうございました。じゃあ次に廣田くんはどういったきっかけで?
廣田 私が魅力的だと思ったことは、イートラストの営業は対経営者様に対しての営業なんです。そこに魅力を感じました。実は、私には将来自分でお店を開きたいっていう夢があるんです。そうした中で、町工場の代表者様がどうやって収益を得ているのかとかを知る機会ってなかなか無いじゃないですか?そういった経験が夢を叶えるステップになるんじゃないかと思って入社を決めました。
採用担当 イートラストなら夢を叶えるステップになると。
廣田 そうですね。

常に自分から色々な情報を積極的に取りにいかないと成長できない

採用担当 わかりました。では次に、実際に入社をしてみて心境の変化とかはありましたか?
廣田 そうですね・・・。営業っていう仕事を甘く見ていたなと痛感しました。笑
人と話すことが好きなので、入るまではコミュニケーションを取って、商品を紹介すればそれだけで売れると思っていました。しかし、やっぱり対経営者様となると、自分の倍以上年が離れていて、それぞれその道のプロの方に商品を売るとなると、ただ商品を紹介するだけでは意味が無いんですよね。弊社の商材であるホームページは、目に見えない、形の無い商品なので、使い方は千差万別ですので、それぞれのニーズに合った提案をすることの難しさを感じています。
採用担当 なるほど、そうですよね。では、海野さんは何かありますか?
海野 つい最近までは学生だったので、その時に比べるとコミュニケーション能力が高くなっていると実感しています。今までは、自分からコミュニケーションをとることが苦手なタイプだったのですが、お客様先に行って、自分から積極的にお話や要望を聞きださなくてはならないので、そういった意味ではかなり耐性がつきましたね笑
採用担当 海野さん、元々はディレクターではなくて営業で入社してますからね。
海野 はい、そうですね。
廣田 営業からディレクターに転向したことによって、心境の変化、仕事の内容等、大きく変わった事などはありますか?
海野 そうですね。常に自分から色々な情報を積極的に取りにいかないと成長できないというのが営業の時より強く感じている部分です。営業をやっていた時は、マニュアルがあって、そのマニュアルの情報をいかにお客様にうまく伝えられるかという所が重要なのですが、ディレクターにはテンプレートのマニュアルというものは無く、自分とお客様との会話の中で案件を進めていくことが重要なんです。その為には、自分の知らない業種の事や、あらゆる知識を自分から積極的に集めていかないと、お客様に対向出来ないんです。
採用担当 技術的な知識も必要になってきますよね。相手がその道のプロなら尚更ですよね。

後輩に対する指導や教育っていう部分もリーダーになって意識が高くなってきた

海野 最近リーダーに昇格しましたが、リーダーになってからの心境の変化等が知りたいです。
廣田 リーダーになって替わったなって実感できることがいくつかありまして、今までは自分の数字に執着していたのが部署全体の成績を気にするようになりました。
また、後輩に対する指導や教育っていう部分もリーダーになって意識が高くなってきたかなと思います。
採用担当 営業部の新入社員の方とミーティングをよくしてますよね。
海野 私たち新卒にとっては心強い先輩です。

休日の過ごし方でこれからの私が決まってくる

廣田 海野さんは入社して1年目ですけど、大学生から社会人になって変わったことって何ですか?
海野 大学生の時は1年生から3年生までは講義が詰まっていて忙しかったですけど、4年生になると週に1回のゼミだけになるのでその分自分の時間をとれていたんですが、社会人になって休みが土日しかないので休日の大切さを実感してますw
    休日で自分の足りないところを勉強したり、仕事の疲れを癒すにはどうすればいいか常に考えてます。休日の過ごし方でこれからの私が決まってくると思うので。
海野 廣田さんはON・OFFの切り替えってどうやってるんですか?
廣田 そうですね。ON・OFFっていくつかあるんですけど、例えば休日と出勤のON・OFFと、社内外のON・OFF、お客様の会社に訪問するときと訪問前のON・OFFって色々使い分けてます。
採用担当 結構使い分けてますね。自分もお客様に訪問に行くときにスイッチを入れるためにいろいろやってるんですが、そういうのってあるんですか?
廣田 営業という仕事をやっているので、お客様の会社に入る前は特に意識しています。右足から先に入って、左手でドアを閉める。これが自分をONにするときのスイッチですね。
採用担当 では、ある程度の自分の中での決まりというか、ルーティンを大事にしてるんですね。

まずは一歩一歩上り詰めて最終的には目標とする方々と肩を並べて仕事の話ができるように

採用担当 では最後にお二人に質問なんですが、今後の目標を聴かせていただいてもいいですか?
廣田 タイミング的にリーダーに昇格したこともあり、次はまず主任にそしてゆくゆくは課長代理、課長と昇格していきたいです。そして目標としている木下部長まで追いつき、追い越したいです。
    まずは一歩一歩上り詰めて最終的には目標とする方々と肩を並べて仕事の話ができるように頑張ります。
海野 私はもっとWEBの知識を増やして成長していきたいです。そして今後新人さんがディレクターに入ってきた時に教えてあげられるようになりたいです。

RECRUITMENT

採用について